• ホーム
  • 5人に1人が経験するカンジダ膣炎!予防するなら免疫力アップ

5人に1人が経験するカンジダ膣炎!予防するなら免疫力アップ

2019年11月22日

カンジダ膣炎を予防するため、生活を見直すことによって再発を止めることが可能です。いくつか方法がありますが、免疫力を高めることが重要でカンジダ膣炎に深く関係しています。常在菌であるカンジダ菌は健康な人の場合は何も問題のない菌になります。ストレスが増えたり風邪を引いたり、食生活の乱れや睡眠不足などから免疫力低下になるとカンジダ膣炎になる人が多いです。規則正しい生活を行いストレスを発散し、風邪を引かないよう注意することでカンジダの再発や増殖を予防することができます。免疫力低下を阻止することで発症をかなり抑えることができるでしょう。通気性の良い下着をつけることも大切で、カンジダは蒸れた環境において増殖しやすい傾向があり、化学繊維の下着や締め付ける下着などは蒸れやすいので注意が必要です。綿の下着や通気性が良いものを身に付けるようにし、カンジダの繁殖を阻止することができます。デリケートゾーンをきれいに維持することが大事で、カンジダは不衛生な部位に繁殖するのでデリケートゾーンをきれいにすることが大切です。健康な人の皮膚や腸内において常在菌として存在するカンジダ菌ですが、何かしらの原因から異常繁殖することで病気を引き起こします。普段腟内は乳酸菌により酸性に維持されているので、菌が繁殖しにくいバランスのある環境になっています。風邪を引いたり抗生物質を服用によって常在菌のバランスが乱れ、糖尿病や疲労、ストレスから免疫力低下を引き起こしカンジダ菌が異常増殖するのです。エンペシドを利用すると効率良く症状を改善することができ、膣錠やクリームなどの種類があります。中から外にしっかりケアすることができ、エンペシドの膣錠の場合は腟の原因菌によく効き、腟カンジダを再発することが可能です。腟に挿入する薬で水分により発泡しながら崩壊する仕組みになっていて、腟内に有効成分が広がり薬剤を行きわたらせることができます。エンペシドクリームの場合、発疹などを伴う外陰部のかゆみに特に効果的で、腟カンジダの再発を治療することが可能です。柔らかくのびやすいクリームになっていて、無着色でにおいがありません。発症するといろいろな不快な症状を引き起こすので、早い段階において治療することをおすすめします。エンペシドなどを利用して治療したり、酷い場合は医師に相談すると良いでしょう。日頃の生活習慣を見直すことも大事で、免疫力が落ちないよう注意しておくと再発を予防することが可能です。