• ホーム
  • 朗報!バルトレックスのジェネリックがある!その名も「セントレックス」

朗報!バルトレックスのジェネリックがある!その名も「セントレックス」

2019年10月27日

セントレックスはバルトレックスジェネリックで、ジェネリック医薬品は開発コストがそれほどかからないので低価格で安く、安全性が保証されているというメリットがあります。経済的にも便利でコストを抑えることができるなど、いろいろなメリットがあります。ヘルペス再発を予防する場合、セントレックスを利用している人は多く、主成分はバルトレックスと同じくバラシクロビルです。ヘルペスは感染すると再発を繰り返すことが多く、再発する度に医薬品を使うことを考慮すると、経済的に医薬品代は安くありません。コストを節約したいなら安全性が確かなバルトレックスジェネリックがおすすめです。バルトレックスの2/3の値段で手にすることができ、幅広い世代の人が利用しています。セントレックスはヘルペスが発症すると、すぐ服用を開始するのが大切です。ウイルス増殖を抑える働きがあり、増殖が最も活発になっている初期段階において服用すると最も効果的です。早期服用することで発疹の発生を抑えることができ、水ぶくれや潰瘍などの病変の形成を予防することができます。セントレックスの主成分はバラシクロビルで、ヘルペス治療に多く利用されているバルトレックスジェネリックです。高い治療効果があり再発したものに対して、患部のむずむず感やチクチクするなどの発症の予兆を感じたタイミングにおいて服用を開始すると高い効果を期待することができます。再発を繰り返すようならセントレックスを常備薬として保管しておくと、すぐに治療を開始することが可能です。セントレックスは性器や口唇ヘルペスの治療として最も処方されているバルトレックスと同じ治療効果が期待することができ、抗ウイルス作用は帯状疱疹や水ぼうそうなどの病原ウイルスにも有効的です。皮膚病変の進行を抑制することによって7〜10日で治療することができ、ウイルスによる神経損傷を予防することができます。帯状疱疹の疼痛を和らげたり、後遺症になる帯状疱疹後神経痛なども予防することが可能です。セントレックスはジェネリック医薬品で、ヘルペスや帯状疱疹、水ぼうそうなどを治療する際によく使われていて、ウイルス増殖を抑制する効果があります。回復するまでの時期を早めることができ、継続して服用することによって再発を予防する効果を期待することが可能です。その有効成分は人の細胞に悪影響を与えずに、ウイルスにだけ作用するので安心して利用することができます。