• ホーム
  • ヘルペス治療薬のゾビラックスとバルトレックスの違いって?

ヘルペス治療薬のゾビラックスとバルトレックスの違いって?

2020年01月26日

抗ウイルス薬にはいろいろな種類があり、バルトレックスやゾビラックスなどがあります。これらには違いがあり、薬の規格や用法用量などがあげられます。両剤を比較するとバルトレックスは錠剤や顆粒がありますが、ゾビラックスの場合は錠剤や顆粒、軟膏や眼軟膏、クリームや注射などがあり症状に合わせて選択することが可能です。バルトレックスの場合は内服薬(錠剤や顆粒)があり、ゾビラックスは内服薬にプラスして外用薬や注射がありますが、飲み方の違いにも関係しています。ゾビラックスの主成分であるアシクロビルは消化効率に関してやや悪く、体内に残りにくいので、用法用量として1日5回飲まなければいけません。バルトレックスはアシクロビルの消化効率を改善したプロドラッグになっていて、体内に吸収され薬効成分になる薬で主成分がバラシクロビルです。このバラシクロビルはアシクロビルに対してL-バリンという物質を結合していて、体内において分解されゾビラックスに変化します。バルトレックスは副作用や服用回数が少なく、単純疱疹の場合は1日2回の使用になり、帯状疱疹の場合は1日3回ですむことが可能です。ゾビラックスは消化効率に関係することなく摂取する安全性の高い外用薬や、点滴という形で処方されることが多いでしょう。ヘルペスウイルスが起こす脳炎や髄膜炎などに対して注射剤が利用され、角膜炎には眼軟膏を利用することが可能です。塗り薬を必要にしているならゾビラックス軟膏やスクリームが利用されます。ヘルペス治療薬には処方薬の他に市販の外用薬なども販売されています。薬剤師のいるドラッグストアで注文することができますが、口唇ヘルペスの再発抑制に適応されることになり、過去に医師の診断や治療を受けた人が対象です。抗ウイルス薬の市販薬にはバルトレックスと同じ販売元がリリースしているクリームなどがあり、主成分としてゾビラックス軟膏と同じアシクロビルを含みます。市販薬は処方薬と比較すると効果が弱くなり、重症化するようなものを治療するのは難しいです。バルトレックスなどを利用することによって早期に治療することができ、高い安全性を誇っているので安心して利用することができます。副作用が少なく安心・安全に服用することが可能です。特に早い段階において利用することによって、高い効果を発揮することができ不快な症状を改善することが可能です。再発を予防することができたり、幅広い世代の人が利用しています。