• ホーム
  • ヘルペス以上!感染者数ダントツ1位のクラミジアにはジスロマック

ヘルペス以上!感染者数ダントツ1位のクラミジアにはジスロマック

2019年09月17日
悩んでいる男性

ジスロマックははマクロライド系の抗生物質を使ったクラミジアやヘルペスなどの細菌の発育を抑制する医薬品です。一般名がアジスロマイシンで、いろいろな細菌に対して処方することができます。現在抗生物質は殺菌効果を期待することができると知られていますが、抗生物質がすべて殺菌作用があるとは言えません。体内に入った細菌が成長したり増幅するのを抑えるものもあり、ジスロマック(アジスロマイシン)はその一つです。クラミジア・トラコマチスなどの菌が成長するのを抑制することができ、マクロライド系の抗生物質はヘルペスやクラミジアなどの菌に対して非常に有効的です。原因菌が予測できない際、抗生物質を長く飲み続けていると菌が薬の効能を学び耐性菌という一段階厄介な細菌に変化することがあります。そのようなことを防ぐため、さまざまな菌に対して有効なジスロマックを利用することが多いです。黄色ブドウ球菌やインフルエンザに関しても殺菌効果があり、様々な菌に対して期待されています。特にクラミジア・トラコマチスなどには有効的で、早い段階において利用することで効率良く治療することが可能です。一般的に効果を最大限に発揮するには服用した後2~3時間後とされていて、用法・用量通り服用すると1週間効果を継続することができます。注意しなければいけないのが自覚症状がなくなり完治したと思い込み、自己判断で服用をやめることです。症状が消えたとしても菌が体内に残っていることがあるので、医師が処方した用量を飲み切ることが大切です。ジスロマックにはいくつか副作用があり、主な症状には下痢や吐き気、腹痛や胃炎などがあります。ごく稀な副作用としてアナフィラキシーショックなどがありますが、服用した後、体に何かしらの異常を感じた場合はすぐに医師や薬剤師に相談することをおすすめします。ジスロマックの服用方法は経口服用になり、服用する際は水やぬるま湯で飲みましょう。ジュースや牛乳で服用するとその効果が半減することもあります。また、同じ抗生物質のニューキノロン系の医薬品と飲み合わせると、いろいろと副作用が起こりやすい報告があるので注意が必要です。普段から何か医薬品を飲んでいる場合は注意し、不安なことがあれば医師や薬剤師に相談しましょう。いろいろな種類の細菌による病気がありますが、アジスロマイシンなどの適切な医薬品などを利用することによって効率良く短期間で治療することができます。