• ホーム
  • ジスロマックを飲むと下痢が辛い!そんな人はクラビットがおすすめ

ジスロマックを飲むと下痢が辛い!そんな人はクラビットがおすすめ

2019年10月07日
困っている男性

ジスロマックにはいろいろな効果がありますが、人によっては下痢になることがあります。ジスロマックは細菌の増殖を差し止める働きがあり、この効果が出ている際に原因菌に対してはもちろん元々腸にいる細菌の増殖も差し止めることになります。結果的に腸の運動が高ぶり、副作用として下痢になることがあるので注意が必要です。腸の動きが活発になると水分自体が吸収できなくなり、そのまま体外に排出されることになります。結果的に軟便や下痢になるのです。一般的に一時的な下痢の症状になるので、それほど長時間に及ぶわけではありません。ジスロマックで下痢になるならクラビットやレボクインなどを利用することをおすすめします。クラミジアなどに効果を発揮することができる治療薬で、クリニックにおいてクラミジアと診断されると処方されることが多いです。クラビットは眼科や耳鼻科、婦人科や泌尿器科などで処方される薬で、レボクインと同じくクラミジア治療薬として有名です。クラミジアは性器はもちろん咽喉や扁桃にも感染することがあり、泌尿器科やいろいろな診療科において使用されています。抗菌作用を高めていて服用は1日1回と少量でも大丈夫です。クラミジアは感染していることに気付かないケースが多く、性行為を繰り返していると感染を拡大してしまい、最も多い性感染症と言われています。簡単に感染してしまい、特に女性の多くの場合は感染に気付かないということが少なくありません。命に関わるような病気ではありませんが、体にとって良くはないので早めに治療することをおすすめします。クラビットは淋菌感染症にも効果があり、淋病治療などにも利用されることがあります。そのまま放置しておくと不妊症や流産、早産する可能性が高くなり、男性の場合は放尿時に痛みを感じたり痒みを感じることも多いです。何かしら異変を感じたら治療薬を使って、体が悪くなる前に手を打ちましょう。治療薬においておすすめなのがクラビットで、クラミジアを短期間において治療することが可能です。クラビットはニューキノロン系という抗生物質で、病原菌が増殖するのに必要なタンパク質を抑えることで病原菌の増殖を予防することができます。淋菌感染症などに有効的で、淋病やいろいろな性病に効果的です。クラビットの主成分はレボフロキサシンで、このレボフロキサシンは病原菌に働きかけるというより、生成元に作用することで人体への影響を抑えることができます。ニューキノロン系は効果が高く副作用が少ないとされていて、従来マクロライド系抗生物質などがクラミジアに使われることが多かったのですが、効果が乏しい場合はニューキノロン系のクラビットが選択されます。